結婚のメリット・デメリットを街コン事務員が考えてみた

結婚のメリット・デメリットを街コン事務員が考えてみた

前回の記事では未婚率に関して分析してみました。

まだ読んでない方はぜひ読んでみてください♪

街コン事務員が分析する未婚率上昇と恐ろしい日本の実態

 

さて、僕は結婚したい人はするべきだと思います。

好きな人と幸せな人生を送るという人生的なメリットも多々ありますが、

今回は特に経済的に自信のない方への話をしたいので、

気持ちではなく物理的なメリット・デメリットを考えてみようと思います。

[cc id=718 title="アドセンスメイン"]

◆金銭的なメリットがたくさんある!

結婚したらなんか自分の自由なお金がなくなるイメージがしませんか?

でも本来結婚することによって金銭的なメリットはとてもたくさんあるんです!

 

1,共働きで世帯年収が単純に倍になる。

年収300万円の人同士が結婚した場合、単純に世帯年収は600万になります。

収入は2倍になりますが、生活費はどうでしょうか?

もちろん一概に言えませんが、

1Rなどでの相場と2Kや3LDKの相場を見比べてみてください。

 

実は同じレベルの家だと1R→2Kへの引っ越しって家賃が1.5倍くらいになります。

2倍も掛からないのがほとんどだと思います。

また、光熱費や食費も1人より2人の方が効率よくなりますから、

単純に今まで払っていた金額✕2にはなっていないと思います。

 

収入は2倍、支出は1.5倍であればこの差額は結婚することで得られるメリットですね!

 

2,所得税の配偶者控除などの税金面の優遇制度

これが結婚したときに得られるメリットです。

平均的な方だと10万円前後税金が減る計算になるかと思います。

月に1万円(1人辺り5000円/月)税金がカットされるって大きくないですか?

年に10万であれば普通に旅行にもいけちゃいますよね☆

他にも相続税や贈与税、社会保険などでメリットがある場合もあります。

 

3,会社の福利厚生

これはすべての人にあるメリットではないですが、

会社によっては結婚している家庭に家族手当や家賃補助などの制度がある場合があります。

こういった制度はどんどん活用していくといいですね!

 

◆結婚するデメリットは??

 

1,自分のペースで生活出来ない

たぶん一番のストレスはこれだと思います。

自分がやりたいときにやりたいペースでやるとストレスは感じません。

同じ作業(例えば家事など)をするとしても、

相手のペースに合わせるだけでそれが途端にストレスになることはあると思います。

これはルームシェアや同棲をしたことがある人ならわかると思います。

 

2,家族ぐるみの付き合いが増える

例えば親への挨拶、親戚への挨拶は単純に2倍に増えることになります。

地元が同じ人と結婚する場合はいいかもしれませんが、

実家が東北の人と九州の人が結婚するとお互いの両親のところに行くだけでも大変になるかもしれません。

 

3,子供に関してはお金がかかる

子育てに関して言うとかなりお金がかかることは間違いないと思います。

1人を大学まで育てるのに1000万かかるということも言われますね。

この辺りに関しては高校の無償化など日本の制度なども変わってきてますので、国の問題としても取り組んでもらいたいところですね。

こういったまとまったお金は一気に作ることは難しいので、

結婚したときからライフプランを立てて計画的に行うことで少しは改善出来るかもしれません。

 

例えば10年後に学費600万円(大学入学)必要とすると、年間60万円の貯蓄をしないといけません。

それを計画的に行うことで15年貯蓄する時間を確保したとしましょう。

たった5年調整することで、年間40万円の貯蓄でよくなりますね。

 

晩婚化が進んでいますが、逆にこういった準備をするには結婚をしないとイメージも出来ないですし、計画もたてれないと思います。

早く結婚することで、5年間は二人を楽しむ為の時間にしながら将来に向けた貯蓄という戦略を取ることも出来ますね。

そういった意味でも早めに結婚できるにこしたことはないはずですね。

 

◆それ以外にもメリット・デメリットはたくさんある

今回は物理的にお金や時間の話でしたが、気持ち面とか体裁とか様々な要因を考えるとたくさんのメリットやデメリットがあります。

メリットやデメリットって人間の長所短所と一緒で、受け取る側によって変えれることだってたくさんあるはずです。

思いっきりがある行動も捉え方を変えると無謀な行動だったり。

せっかく受け取る側が良くも悪くも受け取る事ができるのであれば、

たくさんメリットとして受け取ったらいいのではないでしょうか。

 

パートナーに対してそういう受け取り方が出来る人は結婚に対してもそういう受け取り方ができるはずです。

結婚できる人とできない人の違いってこうやって考えると案外たったこれだけのことかもしれません。

受け取り方を変えるとすべてがうまくいく可能性があります!

ぜひ皆さんも悪いところにフォーカスするのではなく、

何事もよい面を受け取るようにしてくださいね☆

 

[cc id=718 title="アドセンスメイン"]

 

コラムカテゴリの最新記事